筑波山移動運用記

99/12/23
              JF1RWZ
                岡村 潤一

 12月23日 朝6時にic706MK2Gと発々を積みこむ。
 冬の6時は真っ暗だ、今日は珍しく車の窓ガラスに霜は付いておらず、温水の入ったやかんは必要がなかった。6時すぎに我が庄和町を出発、筑波山まで道中がひまなのでHFをワッチしながらドライブしようと考え7Mのアンテナを付けて出発したが7Mはノイズしか入って来ない。

 3.5Mをワッチしていると早起きのOM連のネット運用があちこちで聞こえていた。芽吹橋を渡り水海道市から国道294号線を北上している頃東の空が明るくなってきた西の地平線には満月の月が見えている。下妻市で右折し125号に入ると正面に筑波山が大きく見えて来た。何時も寄るコンビニでトイレを借用しお茶を買った。

 今日、天皇誕生日は1エリアAM(振幅変調)コンテストが開催される。私がアマチュア無線を開局した昭和41年頃は殆どの人は真空管を利用し振幅変調の送信機を自分で作っていた。SSBも出始めていたが、3.5Mも7Mも周波数帯の上の方にSSBが陣取り下の電信バンドとの中間を使って振幅変調による交信をしていた。つまりAMが幅を利かせていた時代であった。

 段々と上の方からSSBに侵食され何時の頃か短波帯からAM変調の交信が消えてしまった。

 今ではAMを残そうと保存会のような会が出来ており、超短波帯の6mにてロールコールが実施されていると聞いているが、私の自宅の貧弱なアンテナではなかなか受信出来ない。年に何回かAMを使ったコンテストが開催されるが、今日は1エリアコンテストでありAMコンテストでは一番賑わうコンテストなのである。これはAM交信のチャンスだと考えロケの良い所へ移動することにした。

 7時40分に筑波山のつつじヶ丘公園(ロープウェイ乗り場)の少し手前の空き地に車を止めた。しめしめまだだれも来ていない。第一希望の場所が取れてほっとした。さっそく設営を開始する。4.5Mのポールに2エレHB9CVを上げた。

これは移動用に自作したもので着いたら5分で設営できる事を目標にJR1NNLさんのホームページに掲載されているアンテナ制作記事を元に作成した物だ。

 発々にガソリンをたっぷりと注入しエンジンをスタートした。まだ8時前だ、コンテストが開催されるまでまだ2時間もあるが、トランシーバのダイヤルの回すと数局の移動局がAMモードで入ってきた。皆さん気合が入っている様子が伺える。

 50.580で試験電波を発射、SWRは1.1で反射波のメータはぴくともしない。好調である。

CQにさっそく応えてくれたのは何時もお世話になっているJI1EQQまきのさんだ、まきのさんは西多摩郡日出町移動との事、まだ日があたらず寒いを連発されていた。何かトラブルがあったとか、元気を出してネとメッセージを送った。

 その後もお声掛けが続き1時間に8局とゆっくりモードで交信をし、9時になったので一旦QRTし朝飯のサンドイッチを食べながらダイヤルをぐるぐるまわしていた。SSBで聞きなれた声が入ってきた。

 JA7TKH大和さんだ。大和さんの移動のアクティビティは凄い!
AMコンテストには参加予定なしとの事であったが、当方の移動場所を連絡したら帰りに寄ってくれるとの事であった。

 大和さんと交信後、50.590へ戻ると会社仲間のJA1PTK高草木さんが試験電波を出していた。さっそくコールするとまだアンテナ調整中とか、むりやり割り込んでラグチューをしてしまった。JA1ZI小池さんからもブレークを頂きコンテストの前にしばしラウンドQSOを楽しむ。

 10時近くになるとアチコチで周波数チェックが始まる。私は50.780を確保し、NHKラジオのスイッチを入れ時報と同時にCQ AMコンテストを出した。早速コールくれたのはJF2KRH/2の稲葉さんでいきなり2エリアからのコールに感激しその後1時間以上ばれ続けた。さすが開始後1時間半を過ぎるとCQの空振りが出るようになった。後半はCQを出しても応答がなくお声がけモードになってきていたが、ふと車の外を見ると笑いながら挨拶をしてくれたのはJA7TKH大和さんだった。バッテリーを間違えて持って登ったため予定より早く山から下りてきたとの事。私の隣りにアンテナを上げてAMコンテストに参加して頂く事にした。

 仲間のJL1OVB国原さん、JG1BIL菊地さんも声を掛けて頂いた。コンテストが終わり国原さんとAMモードでラグチューしていると、大和さんがうどんたべますか?と昼飯にさそってくれた。 大和さんは飯盒を取り出しバーナーでお湯を沸かし始め、それを見ながら国原さんとラグチューをしていたが、大和さんにもマイクを変って頂き今年一年のお礼を交わして頂いた。

 朝方は多少風があったが昼を過ぎて治まり日だまりの中関東平野を見渡しながら食べるうどんは最高であった。有り難う大和さん。

 昼飯の後片付けをしているとワゴン車に長いポールを2本積んだ車が入ってきた。JR1LZK田崎さんだ。このポールを上げたのですか?と半信半疑で聞いてみたが、これはフレンド局から貰って帰る所で、これは上げてないとの事だった。長さ6mのポールが2本積まれていた。田崎さんとは97年のAMコンテストでもお会いしていおり、やはりAMに愛着がある方だなと思った。3人でアイボールしているとアンテナの付いた乗用車が山から下りてきて止まった。挨拶を頂いたのはJA1QAI鈴木OMであった。皆さんだいたい100局を超えた程度とお伺いし、AMコンテストを楽しまれた様子でFBであった。

 年の瀬の慌ただしさの中天候にも恵まれFBな移動&コンテストでした。皆さん有り難う。

                         JF1RWZ

                          岡村 潤一  




back移動運用記ページに戻る